10倍売れるコピーライティングの感想まとめ【要約あり】

「10倍売れるWebコピーライティング」っていう本を買ったんだけど、読む前に感想や要約を見て全体像を知りたいな!
こういった方向けに「10倍売れるWebコピーライティング」の感想と要約をまとめていきます。

 

「10倍売れるWebコピーライティング」を読むことで、あなたも売れる記事を書けるようになります。

文章を変えるだけで本当に売上があがるの?

と思っていましたが実際に説得力があり信頼される文章は売上が倍増します。

説得力があり信頼されるコンテンツとはどういう記事なのか?

「すぐに売上を上げたい!」

「出来るだけ多くのお客様に買ってほしい!」

こんな方向けの書籍なのでぜひ参考にしてみてください。

今回の記事の内容

  • 本の要約
  • 感想
  • まとめ

 

「10倍売れるコピーライティング」の要約

「10倍売れるコピーライティング」の要約を分かりやすく解説します。

この書籍では、記事の構成について詳しくかかれています。

そこで、大前提として下記の流れが根底にあります。

  • キャッチコピー
  • ボディコピー
  • クロージングコピー
  • 追伸

この順番で執筆することです。

具体的にどんな要素を詰め込めばいいのか?一目で分かるテンプレートも合わせて解説します。

まずはキャッチコピーから。

 

キャッチコピー

キャッチコピーとは、広告や宣伝などで用いられる宣伝文句のような文章を表します。

つまり、キャッチコピーとはお客様の目の一番目に飛び込んでくる文章の事をいいます。

ここが最重要です。

 

理由は、人間は一目みて「この記事は自分に関係ありそうだな」と思った時にしか読み進めようとしないからです。

あなたのサイトのページ滞在時間が少ないならキャッチコピーを見直すといいでしょう!

 

キャッチコピーでするべきこと

  • 商品を使うことで得られる未来
  • ターゲット選定

上記です。

最初にお客様の問題を解消できることを簡潔に伝えます。

売りたい商品が決まっているのなら「商品を使うことで得られる未来」については容易に作ることが出来ますよね。

そこは分かったけど、書き方とか分からないしなあ
大丈夫です!

キャッチコピーにはテンプレートが存在するので、最初は下記のテンプレートを見つつキャッチコピーを作っていくといいでしょう。

キャッチコピーのテンプレート

⑴証言型:〜するだけで、〜になりました。
お客さんが実際に言っているように見せる型

⑵質問型:〜で、〜できるって本当ですか?
これも実際にお客さんが言っているように見せる型

⑶提案型:〜で〜する方法があるのですが…
あなたがお客さんに提案しているように見せる型

⑷断定型:私に〜を下さい。そうすれば、〜になります。
「お客さんが、〜をすればこうなりますよ」と断定する型

⑸限定型:〜で〜したいあなたへ。
最初から、ターゲットを限定する型

⑹教育型:〜するために、〜する必要はありません。
見込み客に教えるように語りかける教育の型

⑺予言型:もし〜しなければ、〜になりますよ。
「私の言う通りにやれば、こうなりますよ」と言う予言の型

ぜひお使いください。

 

ボディコピー

次に記事のだいご味であるボディコピーです。

ボディコピーとは、商品を紹介し「購買意欲を高める」パートです。

しかし、書き方の順序を間違えると怪しいと思われたり、信頼性を失う可能性があるので、ここも要注意です。

 

ボディコピーの書き方の順番

  • 結果
  • 実証
  • 信頼
  • 安心

なぜこの順番かというと圧倒的に論理的で納得しやすい構成になっているからです。

深掘りしていきます。

 

結果

商品を手に入れたあとの具体的な変化

読者は常に素早く情報を得たいと思う生き物です。

なので、まず最初に結果を提示し、「あなたに関係のある商品なんですよ!」という事を、伝える必要があります。

実証

結果を得られる理由

関係のある商品と分かったところで読者は「なんで結果が出るのか?」が気になります。

当然ですよね。

「このサプリを飲んだら5キロ痩せます!」と言われても「なんで5キロなの?」ってなりますよね

 

それと同じく、結果が出る理由について言及しましょう。

信頼

あなたは何者ですか?

ここまで読み進めてくれた読者は購買意欲の高い見込み客となります。

しかし、まだ購入するか悩んでいる段階です。

理由は、あなたが何者なのかが分からないからでう。

信頼を獲得する方法

  • あなたの実績や資格
  • セミナー実績
  • 権威性
  • メディア掲載実績

しかし、多くの方は「そんな実績なんかないから信頼構築できない。。。」と考えがちですが

そんな方は、「肩書を引用する」ことが効果的です。

 

例えば、「芸能人の○○さんもおすすめしている」「メンタリストだ〇ごさんがおすすめしている書籍で・・・」といった形です。

一番は、自分の実績を持つことなのでブログやSNSなどを通して自分をブランディングしていきましょう。

安心

社会的証明を明示する

社会的証明とは、人間は、自分の判断基準/行動基準を、自分ではなく他人がなにを正しいと考えているかに基づいて判断する原理のことです。

 

つまりお客様の声や販売実績を乗せることで相乗効果が生まれます。

必ず最後に安心できるような内容を持ってきましょう!

 

 

ボディコピーの書き方の順番

  • 結果
  • 実証
  • 信頼
  • 安心

この順番がポイントです。忘れずに。

 

クロージングコピー

次は具体的にクロージングをしてCVをたたき出すクロージングコピーについて解説します。

クロージングコピーにもポイントとなる順番が存在します。下記です。

  • 簡便性
  • 希少性
  • 特典
  • 保証

理由は、すぐに解決+特別感+お得感+安心という観点で購買意欲が絶頂に達するからです。

 

これは深掘りせずとも、名前の通りなので以下を意識してクロージングしてみてください。

  • 素早く簡単に○○が解決できます!
  • ○○限定商品です!
  • さらにこんな特典がついてきます。
  • 返金保証もあるので安心

 

追伸

追伸とは、サイト記事を書き終えた後にもう一度書き足すことを言います。

つまり、追伸することで記事の内容をまとめることが出来ます。

読者は内容を再確認し、後押しされることで「自分の考えは間違っていない」と思い購買していきます。

 

なので追伸でまとめる時は下記の内容を必ず入れましょう。

追伸に入れる内容

  • 商品のベネフィットをまとめて伝える
  • 希少性を伝える
  • 商品を手に入れなかったらどうなるか

 

商品のメリットを再度まとめ、商品を手に入れなかったら現状と何も変わらない旨を伝えます。

そうすることで一刻も早く問題を解消したいという刺激が生まれるのでCVが上がりやすくなります。

 

事実、人間は論理で買うのではなく感情で買うと言われています。

今どうしても解消したい問題や悩みに刺激を加えることで商品の価値が上昇しCVに繋がるということです。

 

以上が売れるライティング術を解説した内容です。

簡単だと思いましたか?

 

顔が見えない文章というセールスで人を動かすのは相当難しいです。

しかし、売れるセールスには必ず型が存在します。その型をしっかりあなたが吸収し実践→改善を繰り返せば必ずはじける時が来ます。

 

それでは、感想に参りたいと思います。

「10倍売れるコピーライティング」を読んだ感想

これまで、「10倍売れるコピーライティング」の要約についてまとめてきました。

ここで自分なりに感じた感想を書いていきます。

 

結論は、「ブログで商材を売っていない人でも読むべき一冊」だと思います。

基本的に僕が本を選ぶ基準は、答えのない書籍で生涯腐らない知識になるものです。

そして、この書籍では要約でもまとめたように論理的な文章に基づいて納得させる文章の作り方です。

どれだけ、素晴らしい知識を持っていても伝える事が出来なければ知識は腐ってしまいます。

 

この本で私は、2つの事を学びました。

  • 論理的な文章だけでは納得させられない
  • 心理学的要素はブログにて大きな力になる

この2つです。

 

論理的な文章だけでは納得させることはできない

人を納得させ動かせるようなリーダーシップのある人間になるためには、論理的な文章だけでは足りないという事です。

今まで、自分の考えの中に論理を組み立てそれを分かりやすく説明する事で人を動かせたような気分になっていました。

しかし、本気で熱中させるような動かし方をするためにはそこに感情が入っていないとパッションに欠けると気づきました。

 

パッションに欠けた人間の行動は、高い壁にぶち当たった時にすぐにあきらめてしまいます。

理由は、動機がうすいからです。

 

日常生活での反省をブログにて役立てる事が出来そうという気づきが生まれ成長したと思っています。

 

心理学的要素はブログにて大きな力になる

先ほど、人を動かすためには「感情」が必要だというお話をしましたよね。

 

そこで、少々のテクニックは必要かなと思っていて、それが心理学的要素です。

心理学にはノータッチだった僕ですが、この書籍で周りを巻き込むことの大切さや権威性の明示の仕方など、心理学的に相手の懐に入ることの大切さを学びました。

 

これは、人間関係の中でも同じだと思っていて、いい人間関係を築きたいなら「信頼関係」は強固でなければなりません。

そういったように日常生活で使える事は自分のビジネスにおいても必要であり、ビジネスで役立つ事は日常生活でも実用可能という事が分かりました。

 

みなさんも、日常の気づきをあなた自身の生活を豊かにするために活かせないかじっくり考えてみて下さい。

 

 

それでは、ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

参考までに

僕のブログでは、

  • 働き方
  • 生き方
  • お金の話

こういったところを中心に毎日更新しています。

もし、参考になったらTwitterをフォローして頂けると今後もこういった情報発信をしていきます。

Twitterにてコメントなどを頂けるとやる気が上がるのでぜひよろしくお願いします。

練間涼のTwitterアカウント➪