【税金の基本③】会社にバレずに副業したい!【コレでばれる】

副業をしたいけど、会社にバレたらいやだなあ・・・
何かバレない方法はないかな

こういった方向けに本記事では、「会社にバレずに副業をする方法」を初心者向けに分かりやすく解説します。

 

こんにちわ、りょうです。

僕は人生は全て自己責任だと思っています。

誰のせいにもできないので社会人になってからこそ、勉強は怠るべきではないと考えています。

 

さて、先日に下記のツイートをしました。

「副業したいけど、会社にバレたらまずいし そもそも、規約違反じゃん!」 と言う方をみかけますが、正直人生の問題は全て自己責任であり、会社はあなたの人生を守ってくれないのになぜ会社の規約にこだわるのかと😔

リストラされて文句を言っていても人生は変わりませんので、自らが動きましょう!

副業はするべきだと考えています。

全ての人生の問題は自己責任です。副業は自分の生活を豊かにする手段でしかありません。

会社に依存せず、自分でコントロールできる人生を掴みましょう!

 

副業で人生をちょっと安定させよう!

副業って会社で禁止されていることが多いですが、なぜでしょうか?

それは、困る人が出てくるからです。

「会社をやめられたらどうしよう・・・」

これは経営者が思うことですよね?

しかし、企業はすぐに雇用を切ったり、残業は当たり前だと思っている事も少なくありません。

人生をコントロールするのは常にあなた次第です。

 

副業で人生をコントロールする術を身につけましょう!

 

そもそも副業ってなんでバレるの?

副業はなぜバレるのか

副業がバレる原因

  • 住民税
  • 自分でしゃべる
  • 本名でビジネス
  • 働いている所を見つかる

 

住民税以外は、想像がつくかなと思います。

 

まずは、税金の仕組みを知る必要がある

税金の種類

  • 所得税→5~45%
  • 住民税→10%

前の記事で解説したので記事を体系的に読んでいる方はご存知かもしれませんが

所得税は、国に納め、住民税は市区町村に対して納めます。

 

どうやってあなたの所得を知るのでしょうか?

  • 個人事業主→自分で確定申告→国→市区町村
  • サラリーマン→会社が計算→国→市区町村

日本は「申告納税制度」なので、個人事業主は自分で国に申告しに行きます。

そして、サラリーマンやアルバイトの場合、会社が報告することで、所得を知らせます。

会社員の場合、給料から源泉徴収と言って天引きされた状態で振り込まれます。(源泉徴収)

「給料は30万だけど手取りは25万」といった形です。

 

源泉徴収ってなに?

源泉徴収とは、税金を徴収する仕組みです。

税務署
税務署
みんなから税金を取りたいけど、各自の申告だと一気に来すぎて対応できないなあ

そうだ!所得が発生している場所(会社)から徴収すれば一元管理できるし、徴収漏れがなくて済む!

こうして、会社から天引きされた状態で給料を渡されるわけです。

源泉徴収で徴収される項目

  • 所得税→5~45%
  • 住民税→10%
  • 社会保険

社会保険に関しては、ややこしい内容も含まれるので割愛しますが、下記に一応まとめておきました。

社会保険の内訳

  • 健康保険→10%
  • 厚生年金→18%
  • 労災保険→0.4%
  • 雇用保険→1%
  • 介護保険→1.6%

※雇用保険以外は、会社が半分負担します。

 

じゃあ年末調整は?

年末調整は、源泉徴収で払いすぎてしまった税金を戻すための調整です。

源泉徴収は、ざっくり〇割と言った形で、あいまいなので、多少の誤差が生じます。

それを毎年年末に調整し、払い過ぎが生じないようにしているわけです。

 

源泉徴収と年末調整は2つで1セット

  • 源泉徴収→税金の徴収
  • 年末調整→払いすぎた税金を回収

なので、この2つはセットで行われると覚えておきましょう!

 

まとめると

  • 源泉徴収と年末調整はセット
  • 個人事業主は自分で確定申告
  • サラリーマンは会社が報告

 

所得がなぜ知られるのかについてわかったところで、副業がなぜバレるのか解説していきます。

 

会社&バイトの掛け持ちの場合

  • 本業の会社→国→市区町村
  • アルバイトの会社→国→市区町村

こういった図になるのですが、「別々なんだからバレなくね?」と思う方もいるかもですが、

実は、住民税は所得の高い方がまとめて払う事になっています。

なので、本業の所得が300万だとすると、住民税(10%)は30万なはずですが、バイトで200万稼いでいたとしたら500万からの住民税(10%)なので、50万が本業会社に請求されます。

 

なので、本業会社の経理にバレてしまいます!

それでは、会社&個人事業主の場合を見てみましょう!

 

会社&個人事業主の場合

  • 本業の会社→国→市区町村
  • 個人事業主→自分で申告→国→市区町村

この場合、本業会社と個人事業主は別々で申告していますが、なぜバレてしまうのでしょうか?

 

理由は、確定申告の仕方に問題があり

実は、個人事業主の確定申告の際には住民税の支払い方が2種類あり、これを間違えると会社の経理にバレてしまうのです。

住民税の払い方2種類

  • 特別徴収→会社とまとめて住民税を払います
  • 普通徴収→自分で納付します

ここで、特別徴収にチェックをいれてしまうと会社とまとめて支払う事になるので、会社に通知がいき経理にバレます。

 

なので、必ず普通徴収にチェックを入れましょう!

 

まとめ

  • アルバイトは副業バレる
  • 自分で事業をすればバレない
  • しかし、住民税の支払い方に注意

以上、副業を始める際にとても重要な内容をまとめておきました。

 

副業自体は、何も悪い事ではありません。

しかし、会社の都合のいいように規約は作られているだけです。

あなたは、会社のいいなりですか?

自分の人生は自分で作りましょう!

 

まずは、副業から😄

今日はここまで。