RunteQの評判はどう?【料金値段・カリキュラム解説】

RunteQの口コミ評判や料金値段を知りたい方向け。

RunteQ[ランテック]の受講を考えているんだけど、実際の口コミや評判はどうなの?
ネットの評判だと良い口コミ評判しかないから本当のスクール評価ができないなあ・・・
こういった方向けに本記事では、RunteQの評判、料金費用について徹底解説していきます。

ネット記事の評判だと良い評価ばかりで本当のところどうなの?と思う方も少なくないと思います。

そこで、今回は悪い口コミ評判含め初心者目線で解説していきます。

RunteQとは、Ruby on Railsに特化したWebエンジニアを目指す方向けの就職直結型オンラインプログラミングスクールなんです!
RunteQとは、Web系エンジニアを目指す方向けの就職直結型プログラミングスクールなんです!

Web系エンジニアは、需要が多くリモートワークが出来る事から人気の言語になっていますが、プログラミングスキルだけでなく、開発現場に近い実務レベルを上げることを重要視しているスクールです!

こんな方におすすめ

Web系スタートアップ企業にエンジニア就職したい人

Web系エンジニアとして就職して実務経験を積みたい人

 

RunteQを受講しようか迷っている初心者向けに本記事では、口コミ&評判、感想、料金値段面からRunteQプログラミングスクールの特徴を分かりやすくまとめています。

また、後半ではオンラインプログラミングスクール選びのポイントや評判の番外編、よくある質問など、受講前に知りたい内容を網羅しています。

RunteQでプログラミングを学ぼうか悩んでいるあなた向けに評判をまとめたのでぜひ参考にしてみてください!

↓無料説明会実施中!↓

RunteQのHPを見る 

よく読まれている人気記事

2020年ニーズ別プログラミングスクールおすすめ比較ランキング

プログラミングスクール有料おすすめ比較ランキング7選【無料あり】

当サイトでおすすめのプログラミングスクール

1位 テックアカデミー

【最新口コミ】テックアカデミーの評判はどう?

2位 DMM WEBCAMP

【最新口コミ】ウェブキャンプの教室評判はどう?【転職・料金も解説】

3位 CodeCamp

CodeCamp(コードキャンプ)の評判はどう?口コミ感想は?【ゲート解説】

RunteQのスクール概要

RunteQ[ランテック]の基本情報をまとめていきます。

RunteQとは

「Webエンジニア就職を目指すプログラミングスクール」

RunteQ[ランテック]は、株式会社スタートアップテクノロジーが運営する就職直結型オンラインプログラミングスクールです。

  • 実務に近い課題で自走力をつける
  • 現役エンジニアに質問相談ができる
  • オンラインでいつでも受講可能

上記が特徴とし、実務経験を重視しています。

 

RunteQの基本情報

評判
(4.0)
料金
(4.0)
転職サポート
(4.5)
おすすめ度
(4.5)
料金 100,000~398,000円
受講期間 1~9ヶ月
就職サポート コースによる
学べるスキル Ruby on Rails

Vue.js

HTML&CSS

Web教養

こんな方におすすめ
  • フリーランスを目指している方
  • Web系エンジニアになりたい方
  • まずは就職して実務経験を積みたい方
  • 働きながら学習したい方

RunteQでは、環境構築に苦しんでいる方や、自分でバグ修正できるようになりたい方、Web系企業に就職して実務レベルを上げたい方向けのオンラインプログラミングスクールです。

初心者の頃は、つまずくことが多いですが、いちいち調べていては効が悪いのでスクールで質問などしてスムーズに学習を進めていくのもいいでしょう!

↓無料説明会実施中!↓

RunteQのHPを見る 

RunteQ:メリット

RunteQのメリットをまとめていきます!

実務経験重視のカリキュラム課題

RunteQでは、実務経験重視のカリキュラムや課題を用意しています。

理由は、就職特化なので実務で即戦力になれるような人材育成を心がけているからです。

現役エンジニアがオリジナル作成したカリキュラムなので、実務経験に特化しているといえます。

↓無料カリキュラム体験↓

お試し学習カリキュラムをみる 

現場と同じ開発の流れを体験できる

RunteQのプログラミング学習では、現場の開発フローと同じ流れで学習することができます。

多くのスクールでは、自習ベースで動画を見ていきますが、そうではなく、就職先でのチーム開発などに適応できるため、現場と同じフローでプログラミング学習をしていきます。

学習フロー

  • プルリクエストを出す
  • 自動レビュー
  • 自己採点

実務カリキュラムで実装を進め、コードが合っているのか自動レビューで効率よく確認&修正し、復習&改善していく流れになります。

復習の際も、しっかり現役エンジニアがつくので質問解答や相談などアドバイスももらえます。

現役エンジニア陣

RunteQでは現役のエンジニアだけで構成されたプログラミングスクールです。

学生しながら副業という形ではなく本業でバリバリ稼いでいるエンジニア陣なので、質問やメンタリングで学習効率を上げることが出来ます。

 

充実した学習サポート

RunteQには、充実した学習サポートがあります。

学習サポート一覧

  • 課題に対するヒントがもらえる
  • 現役エンジニアに質問ができる
  • 月2回のオンライン面談がある
  • 受講生限定のオンラインイベント

上記がRunteQの学習サポート一覧ですが、就職に特化しているサポート内容です。

理由は、課題に対する答えではなく、ヒントをもらえる点です。

Web系エンジニアになると、必ずバグやコードミスに悩まされます、その際自己解決能力がないと解決することが出来ません。

そこで、初心者のうちからヒントをもらい自分でコードを正解に導いていく作業は就職を目指している方にとって最善のスキル方法です!

 

受講生限定のオンラインイベントなども、RunteQの特徴ですが、現役エンジニアや受講生との合同勉強会には、卒業後も参加可能なので、エンジニア仲間や将来一緒に仕事ができる仲間ができるかもしれませんね!

↓まずは、無料説明会へ!↓

RunteQの無料説明会はこちら 

RunteQ:デメリット

RunteQのデメリットをまとめていきます。

常駐講師が1人

常駐講師が1人のデメリット

  • 対応が遅くなる

講師が1人なので、受講生への対応が遅れる可能性がある。

あまり、質問や相談をしない方なら、なんとも思わないと思いますが、現役エンジニアへの質問ベースで学習を進めていきたい方には窮屈になる可能性があります。

カリキュラムが難しい

RunteQのカリキュラムは実践的であるがゆえにカリキュラムが少し難しいなと感じています。

RunteQの受講生は、プロゲートやドットインストールで独学学習してきた脱初心者が多いので、全くの未経験だと最初だけ少し苦労するかもしれません。

「全くの初心者だけどプログラミング学習大丈夫かな?」

正直、大変です(笑)

メイン言語はRuby on Rails

RunteQで受講を考えているならRuby on Railsが中心の学習になります。

Ruby on Railsで出来る事

  • Webアプリの開発
  • AirebnbのようなWebサービスの作成

Ruby on RailsはWeb系の言語になるので、独立を考えていて、場所問わず仕事したい方に向いている言語になります。

就職でも25~50万あたりを狙えるプログラミング言語になるので、Web系エンジニアになりたいならRunteQの学習カリキュラムはあなたに向いているといえるでしょう。

逆に、高収入を目指したい方にはRuby on Railsだと少し物足りないかなと思うので、JavaやPHPを学ぶことをおすすめします。

JavaやPHPのおすすめプログラミングスクールは下記を参考にしてみてください!

2020年ニーズ別プログラミングスクールおすすめ比較ランキング

プログラミングスクール有料おすすめ比較ランキング7選【無料あり】

↓無料説明会実施中!↓

RunteQのHPを見る 

RunteQ:評判&口コミ

RunteQの特徴について解説していきます。

RunteQの良い評判

Ruby on Railsを学ぶならおすすめのスクール

自社開発のIT企業に強いスクール

学習サポートが手厚い

卒業後も繋がることができる

現役エンジニアのレビューが学びやすい

 

良い評判まとめ

Ruby on Railsを学ぶならおすすめのスクール

自社開発のIT企業に強いスクール

学習サポートが手厚い

卒業後も繋がることができる

現役エンジニアのレビューが学びやすい

 

RunteQの悪い評判

完全初心者向けではない

優秀講師が少ない

悪い評判まとめ

完全初心者向けではない

優秀講師が少ない

RunteQの評判まとめ

以上、RunteQの評判についてまとめてきましたが、Ruby on Railsに特化していて学習カリキュラムの評判がいいことが分かりました。

一方、現役エンジニアが少ない事や、完全初心者向けではないことから、独学を経験している方でないと、少し敷居の高いスクールかもしれませn。

個人的には、エンジニアに大切なのは繋がりかなと思っていてあなたが独立したときにも協力してくれるプログラマーがいると事業もスムーズに進むと思いますので、卒業後も参加できるイベントは興味深いなと感じました。

 

とはいえ、評判がよくてもあなたに合わないカリキュラム・課題の可能性は大いにありますので、まずは無料説明会で、RunteQの概要を詳しく聞いた方がいいかなと思っています。

↓無料説明会実施中!↓

RunteQのHPを見る 

RunteQ:評判&口コミ【番外編】

就職した受講生の評判

Rails自社開発企業への就職

臺(ダイ)さん

育休期間にRunteQで受講し、エンジニア就職をすることができました。

もともと公務員でプログラミングとは無縁でしたが、なんとか就職することができました。

未経験でプロゲートを一周やっただけだったので、最初はすごく苦労しました。

しかし、スキマ時間を使って講師に質問したり毎日継続学習したらしっかりスキル習得することが出来ました。

ブシトラさん

文系大学を卒業し、営業職からエンジニアへ就職を出来ました。

RunteQを受講したときは独学で少し学習していましたが、スクールに入り、独学での理解の浅さを実感しました。

Rails自社サービスのIT企業に就職ができて本当に良かったです。

RunteQで就職できるのか?

RunteQの就職サポートについてまとめていきます。

就職サポート内容

キャリアアドバイザーとのキャリア面談

現役エンジニアとポートフォリオ課題設計

採用担当者との書類の添削・模擬面接

HTMLコーダーからRailsエンジニアへ

ことのはさん

Railsに特化したエンジニアになるために、RunteQを受講しました。

RunteQに受講を決めた理由は、スクールの運営会社がRailsの受託開発をしている事に興味を持ったので学習をスタートしました。

独学で3ヶ月学習していましたが、スクールに通った方が圧倒的に効率がいいなと思っています。

学習のロードマップや講師にすぐに質問する環境について効率よく学習することが出来るなと思っています。

↓無料説明会実施中!↓

RunteQのHPを見る 

RunteQは働きながらでも受講可能?

RunteQって働きながらでも受講できるの?

働きながらでも受講可能です。

 

RunteQでは、働きながらでもプログラミング学習可能なスクールです。

オンラインベースで学習していくので、場所を問わず学習をすることが出来ます。

しかし、1~3ヶ月に最低200時間以上の学習時間を確保できる人でないと厳しいかなと思います。

 

というのもプログラミング学習の最低習得時間なので、スクールに通うなら、強引にでも時間を作れるくらい本気でないと、お金を捨てる事になります!

 

ただ、カリキュラムの難しさや内容によっては挫折せず、学習が楽しく感じると思うので、どういった内容なのか、まずは無料説明会でイメージをつけるのがいいかなと思います。

↓無料説明会実施中!↓

RunteQのHPを見る 

RunteQ:料金値段&コース

RunteQのコース料金費用についてまとめていきます。

※RunteQではMacbookを推奨しています。

Web教養コース

こんな方におすすめ

完全初心者からWebサービスの仕組みを知りたい方

料金 150,000円
受講期間 1~3ヶ月
カリキュラム Web入門

Railsチュートリアル

最低学習期間 200時間
就職サポート なし

Web教養コースを見る 

Vue.jsコース

こんな方におすすめ

サーバーだけでなく、フロントエンドで開発できる範囲を広げたい脱初心者の方

料金 100,000円
受講期間 1~2ヶ月
カリキュラム Vue.js編

Ruby on Rails(API編)

200時間
就職サポート なし

Vue.jsコースを見る 

Railsエンジニアコース

こんな方におすすめ

Ruby on Railsを利用した自社開発会社に就職をしたい方

(脱初心者向け)

料金 298,000円
受講期間 3~6ヶ月
カリキュラム Ruby on Rails(基本編)

Ruby on Rails(応用編)

Ruby on Rails(API編)

Vue.js編

650時間
就職サポート

Railsエンジニアコースを見る 

Railsマスターコース

こんな方におすすめ

Ruby on Railsを利用した自社開発会社に即戦力として就職をしたい方

料金 348,000円
受講期間 4~8ヶ月
カリキュラム Ruby on Railsチュートリアル

Ruby on Rails(基本編)

Ruby on Rails(応用編)

Ruby on Rails(API編)

Vue.js編

750時間
就職サポート

Railsマスターコースを見る 

Webマスターコース

こんな方におすすめ

プログラミング完全初心者から、自社開発会社にWebエンジニアとして就職したい方

(プログラミング初心者向け)

料金 398,000円
受講期間 5~9ヶ月
カリキュラム Ruby on Railsチュートリアル

Ruby on Rails(基本編)

Ruby on Rails(応用編)

Ruby on Rails(API編)

Vue.js編

850時間
就職サポート

Railsマスターコースを見る 

 

就職を目指すならコスパが良い話

就職や転職を目指している方には、プログラミングスクールの料金はコスパがいいと思っています。

というのも、プログラミングは一度身につけてしまえば、手に職が残るからです。

就職をし、フリーランスでWEBサービスを開発をするとなったら金額的には下記。

  • 大企業案件→50~100万
  • 中規模案件→20~40万
  • 小規模案件→10万ほど

就職でも半年以内に回収できちゃいますよね。

プログラミングは単価が高めなのでぜひ、未経験でもまずは就職を目指して一歩踏みだしてみてください!

↓無料説明会実施中!↓

RunteQのHPを見る 

RunteQの評判は悪くない【感想】

ここまで、RunteQの評判について解説してきましたが

総じて「RunteQの評判は悪くない」と思います。

理由は、プログラミング未経験でも就職に成功している事例が数多くあるからです。

実は、最近エンジニア不足と言われていますが、未経験の入社を募集しているところは少ないんです!

その中で、30代からエンジニア点就職転職している方も多い事からカリキュラムが充実していて、ポートフォリオが企業に評価されている事が分かります。

 

エンジニア就職を本気で考えている方は、大変ですがマイペースで頑張りましょう!

 

本記事があなたのスクール選びをサポート出来れば幸いです。

↓無料説明会実施中!↓

RunteQのHPを見る 

RunteQ評判:関連記事一覧

よく読まれている人気記事

2020年ニーズ別プログラミングスクールおすすめ比較ランキング

プログラミングスクール有料おすすめ比較ランキング7選【無料あり】

当サイトでおすすめのプログラミングスクール

1位 テックアカデミー

【最新口コミ】テックアカデミーの評判はどう?

2位 DMM WEBCAMP

【最新口コミ】ウェブキャンプの教室評判はどう?【転職・料金も解説】

3位 CodeCamp

CodeCamp(コードキャンプ)の評判はどう?口コミ感想は?【ゲート解説】