Dive into codeの評判口コミ&料金まとめ【Pythonあり】

Dive into codeプログラミングスクールの評判&口コミや感想を知りたい方向け。

Dive into codeに通うおうか迷ってるんだけど、実際の口コミ評判はどうなの?プログラミング初心者だし、料金費用や特徴、メンターの評判や受講生の感想についても詳しく知りたいなあ・・・
Dive into codeは就職転職実績が多く、数々のメディアにも掲載されている有名なプログラミングスクールなんですよ!!

そうなんです。

Dive into codeは、就職実績が多くメディアにも取り上げられた有名なプログラミングスクールなんです。

卒業生の声も多く、評判の良いプログラミングなんです。その中で、悪い評判も含め、受講者の口コミ評判、感想から料金費用まで分かりやすくまとめています。

また、後半ではDive into codeについてよくある質問やカリキュラム、機械学習の評判、事前テストについて受講前に知っておいた方がいい必見情報ものせてあります。

Dive into Villegeでプログラミングを学ぼうか迷っている方はぜひ参考にしてみてください!

↓人数制限あり!無料体験説明会はこちら↓

Dive into codeを見る

よく読まれている人気記事

2020年ニーズ別プログラミングスクールおすすめ比較ランキング

プログラミングスクール有料おすすめ比較ランキング7選【無料あり】

当サイトでおすすめのプログラミングスクール

1位 テックアカデミー

【最新口コミ】テックアカデミーの評判はどう?

2位 DMM WEBCAMP

【最新口コミ】ウェブキャンプの教室評判はどう?【転職・料金も解説】

3位 CodeCamp

CodeCamp(コードキャンプ)の評判はどう?口コミ感想は?【ゲート解説】

 

Dive into codeとは

Dive into codeは株式会社Dive Into Codeが運営するプログラミングスクールです。PythonやAI開発といった分野も扱っている最先端のプログラミングスクールです。

基本情報

評判
(4.5)
料金
(3.5)
転職サポート
(4.5)
おすすめ度
(4.5)
料金 498,000円/4カ月 or 10カ月
受講形式 通学/オンライン
時間帯 通学:渋谷に4カ月通学(平日10~19時)

オンライン:10カ月(木曜以外10~19時/土日10~22時)

講師 現役エンジニア
学習管理 マンツーマンサポート
対象年齢 特になし
備考 成果物作成あり

転職サポートあり

チャット質問10:00~22:00

こんな方におすすめ
  • プログラミング初心者の方
  • 学習時間を確保できない社会人の方
  • 就職や転職して実務経験を積みたい方
  • 最先端のプログラミングに興味がある方

アクセス

住所

〒150-0044 東京都渋谷区円山町28番4号大場ビルA館

最寄り駅

「渋谷駅」徒歩8分

↓人数制限あり!無料体験説明会はこちら↓

Dive into codeを見る

Dive into codeの野呂代表を紹介

MBAエンジニア講師。独立・起業などを通し、エンジニア不足を感じプロのエンジニアになるために挑戦するプログラミングスクールを作りたいという思いからDive into codeを創業。

4000人以上のネットワークを活かし、WEBエンジニアとして道を開いています。

どんな人物?

野呂代表のブログでもあるように、「時間は有限」という事を常に考える性格の人物です。生産性を高めるための手法を講演会などで300名以上の生徒に受講されている。

なんでプログラミングスクールを作ったの?

未来にありたい姿を目標に日々生きることこそが人間の喜びだと感じたから。時間の価値をあげ、挑戦し続ける環境を作りたい。

Dive into codeにかける想い

「人の時間の価値を上げる事業を創る」

野呂代表について

他人が求めていることを自分で提供したいと思いプログラミングスクールを創業。教えるでおわるのではなく、「学んだ事=お金に変える」がDive into codeのポリシー。

デジタル化推進のためベトナム訪問をする野呂代表

野呂代表はTwitterでも発信しており、受講生の卒業後や外国人の方の卒業後なども発信しているので、チェックしてみてください!

「人々が求める環境を作りたい!」という気持ちからプログラミングスクールを始めた野呂代表。
実務レベルを上げ、学んだ価値をお金に変えるという仕組みは初心者エンジニアにとっては価値のある仕組みですね!

Dive into codeの評判&口コミ

「稼ぎたい!」を叶えるプログラミングスクールのDive into codeですが、実際の評判や口コミ、受講者の感想はどうなっているのでしょうか?

ここでは、受講者の感想も含め良い口コミ評判だけではなく、悪い口コミ評判についてもまとめてあります。

また、後半では悪い口コミ評判についての解説もしているので、ぜひ参考にしてみてください!

良い評判&口コミ

独学よりも学習できた

未経験からエンジニアに転職できた

意識の高いエンジニア仲間ができた

全額返金保証がある

受講者同士の交流が多い

現役エンジニアからの評判も良い

 

良い口コミ評判

独学よりも学習できた

未経験からエンジニアに転職できた

意識の高いエンジニア仲間ができた

全額返金保証がある

受講者同士の交流が多い

現役エンジニアからの評判も良い

Dive into codeの良い口コミ評判を見てきましたが、独学で学習が続かない方や、モチベーションが続かない方、転職して実績を積んでいきたい方におすすめのプログラミングスクールであることが分かりました。

一方、悪い口コミ評判はどうなっているのでしょうか?

悪い評判&口コミ

料金が高い

 

悪い口コミ評判

料金が高い

Dive into codeの悪い口コミ評判としては、料金が高いという事が見つかりました。ただ、転職サポートやカリキュラムの手厚さを見るとこれくらいの料金になるのかなと思います。

Dive into codeの良いところは、カリキュラムの充実から企業に注目されやすいという点があります。

なので、本気で就職や転職を考えている人にしかおすすめできないプログラミングスクールです。

評判&口コミまとめ

Dive into codeの口コミ評判をまとめていきます。

率直にいうと口コミや評判はそこまで悪くないと思います。

しかし、カリキュラムが盛沢山であることと、エンジニア転職の実績が多い事。そして、料金が高い事を考えると、本気でプログラミングを学習して実績を積んでいきたいと思っている初心者エンジニア以外でないとおすすめ出来ないと思いました。

 

というのも、良いプログラミングスクールにはそれなりの料金がかかってくるので、「プログラミングで人生を変えたい!」「エンジニア転職したい!」と本気で思っているのならまずは、Dive into codeの無料体験&説明会でイメージを掴むのがいいかなと思います。

↓人数制限あり!無料体験説明会はこちら↓

Dive into codeを見る

Dive into codeの悪い評判を解説

良い口コミや評判が多いDive into codeですが、ここでは悪い口コミ評判どんな人におすすめのプログラミングスクールなのか解説していきます。

 

悪い口コミ評判

料金が高い

料金が高い

Dive into codeの料金が高いという口コミ評判がありましたが、正直少し高めの料金設定かなと思います。

ただ、Dive into codeのカリキュラムの多さと転職サポートの充実さを見るとこのくらいの料金設定になるのかなと。

 

ただ、社会人として働いたことがない学生さんや、初心者エンジニアの方には少しお高く感じてしまう料金かなと思うので、そういう方はリーズナブルなプログラミングスクールに通う事をおすすめします。そんな方は下記を参考にしてみてください!

 

2020年ニーズ別プログラミングスクールおすすめ比較ランキング

プログラミングスクール有料おすすめ比較ランキング7選【無料あり】

駅から遠い

「渋谷駅」徒歩8分ですが、アクセスしずらいかもと思ったので、ちょっと補足しておきます。

 

Dive into codeはこんな方におすすめ

こんな方におすすめ

独学だとプログラミング学習が続かない!

エンジニア就職をして実績を積みたい!

全額返金保証があるプログラミングスクールがいい!

Dive into codeは、品質保証を掲げています。

質の良いカリキュラム、評判のいいメンターの構成などから、料金は少したかめですが、上記のような本気でプロのエンジニアになって稼ぎたいかたであれば、費用対効果のプログラミングスクールであると思います。

Dive into codeの良い評判を4つで解説

Dive into codeの特徴をメリットとデメリットに分けて分かりやすく解説していきます。

評判①効果的な学習法

効果的な学習法

覚えるのではなく考える

枝葉ではなく根幹を

とにかくやり続ける

Dive into codeでは上記の3つで学習を進めていきます。

この学習のメリット

現場のイメージをつけることができる

プログラミングの全体像をつかむことができる

継続して学習ができる

現場ではすぐにバグ修正を聞くことができないので、自分で解決する自己解決能力が大切です。メンターに質問しても答えではなくヒント程度の回答がもらえないのも、自己解決能力が高まるので効果的です。

同期と定期的に学んだ事をアウトプットする機会が多い事や、勉強会が多い事もモチベーションの維持につながるうえに脳科学的にもスキルを習得しやすい点はDive into codeのメリットですね!

インプットとアウトプットの黄金比率は3:7と言われています!定期的な勉強会や交流会でしっかりアウトプットしていきましょう!

評判②品質保証がある

BRAND PROMISE
  1. 世界トップレベルのエンジニアスクールを目指します
  2. 社会問題を解決できる人材を輩出します
  3. エンジニア業界の中で注目されるようなネットワークを構築します

Dive into codeでは世界トップレベルのスクールを目指しているので、海外進出や野呂代表が自ら海外訪問などをしてコミュニティを広げています。

こういった所から、代表をはじめ、プログラミングスクール全体で成長意識が高いことが分かりますね!

意識の高いプログラミングスクールには意識の高い生徒が集まります。
そういう環境に飛び込むことで、自分の気持ちやモチベーションも確実に上がりますよ!!

評判③転職サポートが充実している

転職サポート

就職説明会

履歴書/職歴書得レビュー

求人紹介/面接対策

Dive into codeでは、転職サポートとして上記のように進めていきます。

最大のメリットは、代表の野呂さんが4度の転職に成功している点です。その経験から転職突破までをレビュー解説するので、説得力があり、理解しやすい。

Dive into code限定で、スナップマート株式会社の取締役星直史さんの就活講演も受けることができるので貴重な体験や今後のエンジニアの未来についても理解することが出来ます。

評判④優秀なメンターが揃っている

ブロガーとしても有名なカタオカさんも卒業してメンターとして在籍しています。

Dive into codeの魅力的なカリキュラムや転職サポート以外にも、カタオカさんが運営するペンタ―ゴーヤ研究所のブログをみてフリーランスエンジニアになりたい方や、独立したいという方も多く受講を決意されています。

他にも、優秀な現役エンジニアのみで構成された評判の良い講師が在籍しているので、メンターに対する悪い評判は見かけませんでした。

良い評判まとめ

Dive into codeのコース&料金費用

Dive into codeの料金費用をコース別にまとめていきます。

Dive into codeには3つのコースがありそれぞれ料金や転職先も異なってくるので受講前に参考にしてみてください!

全額返金保証あり

人気の機械学習もありますよ~
PythonやAIを本格的に学べる評判のいいコースなので、受講を考えている方は確認してみてください!

WEBエンジニアコース(就業達成プログラム)

WEBエンジニアコースの就業達成プログラムは、WEBエンジニアに最短で転職をすることを目的とした、転職特化型コースです。

WEBエンジニアコースは、「最短でWEBエンジニアになりたい!」「フリーランスになったら、自由に働きたい!」という方向けのコースになります。

料金 498,000円(税抜)
入会金 90,910円(税抜)
定員 フルタイム:18名

パートタイム:24名

期間 フルタイム:4カ月

パートタイム:10ヶ月

開校時間 フルタイム

月火水木金(10:00~19:00)

パートタイム

平日19:00~22:00

土日祝10:00~22:00

まずはじめに

どちらかを選択します。

①フルタイム⇒通学4カ月間(定員18名のみ)

②パートタイム⇒オンライン10カ月間(定員24名のみ)

学べること

プログラミングの基礎を学ぶ

1人で開発できるレベルになる

現場力を身につける

そしてそのためには、実務経験が必須ですが、実際の現場では、チームの開発が多く、プログラミングスクールの中でもチーム開発に重きを置いているスクールは少ないように感じるので、転職後はスムーズに作業ができると思います。

WEBエンジニアコース(就業達成プログラム)

WEBエンジニアコース(ベーシックプログラム)

ベーシックプログラムは、「就職・転職よりもまず独立したい!」「1人でアプリを作れるレベルになりたい!」と言う方におすすめのコースです。

料金 298,000円(税抜)
入会金 90,910円(税抜)
定員 フルタイム:18名
期間 6カ月間
開校時間 フルタイム

平日19:00~22:00

土日祝10:00~22:00

まずはじめに

どちらかを選択します。

①フルタイム⇒通学4カ月間(定員18名のみ)

②パートタイム⇒オンライン6カ月間(定員24名のみ)

※平日夜と土日祝で学びます

学べること

プログラミングの基礎を学ぶ

1人で開発できるレベルになる

現場力を身につける←なし

転職や就職を通して実績を積みたい方は、WEBエンジニアコース(就業達成プログラム)を受講した方がいいでしょう。

WEBエンジニア(ベーシックプログラム)

機械学習エンジニアコース(フルタイム)

4カ月で一から機械開発をするエンジニアになりたい方向けのコースになります。

機械学習に必要なスキルだけをピックアップして実務に通用するスキル習得を目指します。

※最大56万円のキャッシュバックあり

⇒詳しくは機械学習エンジニアコースで確認できます。

料金 798,000円(税抜)
入会金 181,819円(税抜)
定員 12~14名
期間 事前学習1ヶ月

プログラム3ヶ月

開校時間 10:00~19:00
まずはじめに

①フルタイム⇒通学4カ月間(定員12~14名)

学べること

プログラミングの基礎を学ぶ

1人で開発できるレベルになる

現場力を身につける←なし

業界的に機械学習やAIの求人は狭き門ですが、圧倒的に稼げる分野なので、目指すなら人生かけてスキルつけるくらい本気なら受講をおすすめします。

機械学習エンジニアコース

Dive into codeの転職の評判&感想や就職先

転職実績感想

4年働いた銀行を退職しITエンジニアに転職

宮崎雄介さん感想

新卒から銀行に勤務しながら、Dive into codeでプログラミング学習をしていました。自分が開発したアプリを発表するイベントやDEMODAYに参加をおすすめします。エンジニア仲間もできるし、WEBアプリを作る事を楽しめば評価してくれる人は必ず出てきますね!

エンジニア仲間と切磋琢磨できたから転職できた

伊藤祐樹さん感想

本当にやりたいことを見つけに上京し、Dive into codeに入校しました。独学ではプログラミングを何度も挫折しましたが、Dive into codeでともに学ぶエンジニア仲間ができることで、プログラミングを楽しみながら学ぶことが出来ました。

33歳から転職成功。就業サポートでWEBエンジニアに

小鍛冶 泰久さん感想

物販事業からオリジナル業務効率アプリを作りたいという気持ちでDive into codeに入校をきめました。就職サポートをへて、エンジニア仲間や優秀なメンターの方たちにアドバイスをもらいながら進めていくと良いと思います。

挫折を乗り越えてWEBエンジニアになることができた

大森優太さん感想

大学時代にRailsを学習していましたが、分からず挫折。その後働きながらDive into codeを受講し、課題で作ったアプリを通してWEBエンジニアになる事ができた。継続する環境が大事だと思うので、楽しみつつ学習していきましょう。

就職先/就職支援

就職先一覧
株式会社葵 / 株式会社楽天 / 株式会社Schoo / 株式会社Samurai / 株式会社NexToneシステムズ / 株式会社メタ・インフォ / 株式会社シェアダイン / 株式会社スタイルマークス / 株式会社UEI / 東京大学 松尾研究室 / 株式会社グリッド / 株式会社Spot / Avintonジャパン株式会社 / トレンダーズ株式会社 / LeapMind 株式会社 / 株式会社アンコード / 株式会社MALK DESIGN / アイザック株式会社 / 株式会社Crunch Style / GVA TECH株式会社 / 株式会社まつりば / Remember株式会社 / 株式会社クラベス / 株式会社テクノモバイル / タケユー・ウェブ株式会社 / ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社 / 株式会社GA technologies

 

【まとめ】Dive into codeの評判は悪くない!

本記事では、Dive into codeの口コミ評判、受講者の感想についてまとめてきました。

そこで、Dive into codeの口コミ評判は悪くないと感じています。

よくあるプログラミングスクールの悪い評判としてメンターの相性が悪かったというものがありますが、Dive into codeに関してメンターの悪評判も見つかりませんでした。

 

しかし

「カリキュラムについていけなかった・・・」

「実際受講したらメンターと相性が合わなかった・・・」

というのはよくある事です。

あなたは本気でプログラミングを学びたいならまず無料体験やカウンセリング、スクール説明会などで慎重に判断したほうが良いと思います。

 

本記事があなたのプログラミングスクール選びの参考になれば幸いです。

 

よく読まれている人気記事

2020年ニーズ別プログラミングスクールおすすめ比較ランキング

プログラミングスクール有料おすすめ比較ランキング7選【無料あり】

当サイトでおすすめのプログラミングスクール

1位 テックアカデミー

【最新口コミ】テックアカデミーの評判はどう?

2位 DMM WEBCAMP

【最新口コミ】ウェブキャンプの教室評判はどう?【転職・料金も解説】

3位 CodeCamp

CodeCamp(コードキャンプ)の評判はどう?口コミ感想は?【ゲート解説】