【女性を落としたい方必見】相手を動かすアノ要素とは?

女性を落としたい人必見という事で、相手を動かす方法を知りたい方向け。

実は、今回の話は割と、社会に出ても使える事で、勿論恋愛においても使える事なので、気になるトピックだと思います。

 

「好きな女性に振り向いてほしい」

「自分で相手をコントロールする事が出来ず、1人で作業をしたいけど、やっぱり楽しみながら仕事をしたい」

 

こういった方向けに書いていこうと思います。

実は、この方法を使う事で作業の生産性が上がったり相手を振り向かせたりする心理状況を作る事が出来ると言われています。

 

以前の僕も、コミュニケーションに苦手意識はなかったものの、好きな相手と話すと頭が真っ白になったり、好んでコミュニケーションをすることが少なかったのですが、人の動かし方を意識する事で、恋愛も仕事もうまくいくようになったので、気になる方がいたり仕事ができる人間だと思われたり方だけ読み進めてください。

 

男性なら一度は好きな女性が出来たり、気になる女性に話しかけてみたいなと思う事があるでしょう。だけど、何を話したらいいか分からない。。

 

今回は恋愛に活かせる心理学のお話しですが、仕事や私生活にも活かせる内容なので、人生を充実させたいと思っている方向けにどうすれば活かせるのかまで解説していきたいと思います。

 

あなたが相手を動かす事が出来ない理由

  • 自分の意見を正当化している
  • 興味のある相手にしか心を開かない
  • そもそも初対面の人と何を話せばいいか分からない

 

人の心を動かす事が出来ない人の特徴は上記の3つです。

実は人とコミュニケーションを取ることが苦手な人ほど、自分の意見と合わない人を気嫌いします。実は、人生を好転させない理由がここにあります。

それは、自分と意見が違う人ほど、自分と違った視点を持つことが多いという点です。

 

誰しも自分だけで、何事も成功する人はいません。

では、どうすればいいかというと、多くの選択肢をしっておく事です。その為には自分だけでなく多くの人と出会い、話すという経験が選択肢を広げてくれます。

 

その他に、読書や勉強するという方法もありますが、人間は人と話すときのアウトプットの方が記憶に残りやすい事が分かっているので、会話の数を増やしましょう。

 

事実、過去に勉強したことよりも、友人と話した噂話の方が記憶に新しいのが良い例です。

 

二番目は、興味のある人にしか心を開かないですが、それは年々視野を狭くしているのと同じです。

 

理由は、刺激が少なくなるからです。

そして視野が狭くなると、自分以外の意見を、無視したり反論から入ってしまう事が多くなります。

 

心あたりはないですか?

 

もしそうなってしまうと、論理が成立しないので、話すことがないという結果になります。

これがよくある、「何を話したらいいか分からない」という状況です。

 

よくある反論として、興味がない人とは話しても時間の無駄だし、話しが続かないというのがありますが、大半はフィーリングで判断しています。

 

事実、嫌いな人の特徴を話してくださいと問いかけると、外見の事や、話し方ばかりです。

 

これは、「そもそも初対面の人と何を話せばいいか分からない」にも精通しているので割愛します。

 

それでは自分に負荷がなく、相手との距離を適切に保ちながら人を動かす方法とは?

 

※人とのコミュニケーションが人生楽しくすると考えている方だけ読み進めてください😔

 

人が動く2つの動機とは?

20世紀の心理学者ジグムント・フロイトによると人間の行動は下記の2つの動機から発すると言われている。

 

  1. 性の衝動
  2. 偉くなりたいという願望

心理学的に、「重要人物になりたい」という気持ちが人を動かす大きな動機である事が分かっています。

 

理由は、人間には誰しも承認欲求があり、求められている所に身をおきたくなるからです。

ただ、その承認欲求を意識的に揺さぶろうとしている事が相手に分かってしまうとその人は、あなたに全くの興味を示さなくなり、心を開いてくれなくなるでしょう。

 

事実、好きな女性に何回も同じ事質問してしまったとします。

その際、「私の話し聞いてなかったの?=私に興味ないんだ」という心理状態になってしまうので、相手はあなたから距離を取るようになりますよね?

 

しかし、これから書いていく適切な距離の縮め方をマスターすればあなたが好きな女性を振り向かせたり、仕事でリーダー的な存在になった時に頼られる存在になります。

 

そうなりたい方向けに相手を動かす重要な方法について次に解説していきます。

 

相手を動かすたった1つの方法とは?

ここまで、人を動かす動機について話してきましたが、具体的な方法論を書いている記事も少なく需要のある内容になっています。

 

一歩間違えると、無頓着な人と思われてしまうので、ここは見て実行してみてください。

 

意識する事は「相手の自己評価にぴったり合う事を言ってやること」

 

理由は、人は変わる時自分の意思でしか変わる事が出来ないからです。

 

アメリカの思想家エマーソンによると、「人間は、どんな言葉を用いても本心を偽る事は出来ない」という。

これからも分かるように、他人から強制で変えさせられる事を人間は嫌います。自分の意思で変わりたいと思うものなので、相手目線で話して上げる事で人を動かすことが出来ます。

 

具体的な方法としては、自分から相手の指摘をしない事です。

さりげなく話題を持っていき、無意識に相手の口から言わせます。

 

これが難しいあなたは、先に褒め言葉を並べてから、「ここは、人によっては○○に捉えることもあるから~」などと、ふんわりと伝えてあげる事で相手に考えさせる時間を作ります。

そうする事で、相手が気にする部分となり自覚が出てくるものです。

 

人間関係でトラブルが多い人ほど、伝え方に問題があるので、伝える順序を長所⇒短所という順序で話せば、理解してもらえます。

 

【番外編】好きな人の前だと何を話していいのか分からないです(泣)

恋愛に活かせるという話をしたので、恋愛が苦手な方から寄せられる、話題について書いていこうと思います。

 

結論から言うと変わる事のない話しを話題にする事

良くある話として、「相手を楽しくさせる話題がありません」と言っている人がいますが、相手を笑わす必要はないです。気楽に話せる関係が一番いいので、こだわらないようにするといいです。

 

理由は、変わる事がないので「話しが合わない」と思われる事がない。

話しが合わないと思われなければ、会話が続くので、いつかご飯や遊びに誘うタイミングがやってくるという事です。

 

 

 

それでは今日はここまでです。