プログラミングスクール有料おすすめ比較ランキング7選【無料あり】

初心者におすすめの有料プログラミングスクールを知りたい方向け。

「プログラミングで人生を変えたい!!」

こう思っている初心者エンジニアの方向けにおすすめのプログラミングスクール7選を比較ランキングとしてまとめました。

オンライン学習や無料受講、転職就職特化など様々なプログラミングスクールがある中

「多すぎて結局どのプログラミングスクールがおすすめなのか分からない!」

と思う方も多いのではないでしょうか?

 

近頃エンジニア不足と相まってプログラミングを学ぶ人が増えており、プログラミングを学ぶため、プログラミングスクールに通う事を悩んでいるという声をよく耳にします。

その流れで、初心者のエンジニアが独学の学習法なども調べている人が増えているとか。

プログラミングスクールと言えば

 

独学でプログラミングを学んだけど、分からない事だらけで挫折しそう。だけど、プログラミングスクールに通うとなると料金も高いし、、、
かといってエンジニアは稼げる仕事って事はわかってるし、なんかおすすめのプログラミングスクールないかな・・・

 

・・・そう、有料プログラミングスクールって入校にかかる料金が高いというイメージがあるんですよね。
そのため、プログラミングスクールに通う事を迷っている初心者エンジニアもたくさんいると思います。

でもそんな初心者エンジニアの方々におすすめのプログラミングスクールがあるんです。

それが、「転職成功で受講料無料」というプログラミングスクール、通称、転職特化型プログラミングスクールです。

なぜ転職成功で無料なのかというと、プログラミングスクールを卒業した生徒を企業に優良人材として紹介する事で企業からプログラミングスクールへお金が流れているからです。

転職特化型プログラミングスクールがおすすめな理由は、無料でプログラミングを学べる上に大手企業に就職・転職しやすくなること。

例えば、4年大学卒だとしても、企業で即戦力として使えなかったら研修費を使わないといけなかったりとコスパが悪いですよね?
そこで、プログラミングスクール卒であれば、実務経験重視のカリキュラムなので企業の即戦力になりやすく、大手企業から内定をもらいやすくなります。

無料のプログラミングスクールをおすすめしましたが、例えばテックアカデミーの場合、2ヶ月コースで189,000円なので、エンジニア就職したら1,2ヶ月くらいで回収できちゃいます。

この記事をご覧の初心者エンジニアの中には、転職特化型プログラミングスクールについてすでに知っているという方も多い事でしょう。

ただ、プログラミングスクールについては知っていても結局どれがおすすめなの?と悩まれている方は多いかもしれません。

なぜなら、プログラミングスクールの内容はどれも似ている!からです。

正直なところ、各プログラミングスクールのおすすめ情報を比較しても、違いがわかりません。

 

・・・というわけで、今回私は2020年6月現在どのプログラミングスクールがおすすめなのか調べてきました。

また初心者エンジニアにはプログラミングスクールがおすすめな理由や口コミ、メリットデメリット、そもそもどのプログラミング言語が良いんだろう?といった事に関しても整理してお話しします。

プログラミングスクールに通おうと迷っている初心者エンジニアの方の参考になれば幸いです。
それではどうぞ!

ニーズ別スクールランキングは下記をどうぞ

オンラインスクールランキングはこちら

【最新比較】オンラインプログラミングスクールおすすめランキングを解説!

無料スクールランキングはこちら

【最新比較】無料プログラミングスクールおすすめランキング徹底解説!

転職スクールランキングはこちら

【最新比較】転職に強いプログラミングスクールおすすめランキングはコレ!

 

目次

【初心者の方へ】プログラミング学習の目的や言語は明確ですか?

プログラミングで何をしたいですか?

 

ホームページやサービスを作りたいな~⇒WEB系言語

アプリを作ってみたい!⇒アプリ系言語

ネットが好きならWEB系言語。(PHP・Ruby)

アプリが好きならアプリ系言語。(Swift・Unity)

 

WEB系言語でもアプリ系言語でも、さらに多くの選択肢があります。人気かつ需要の高い言語としてはPHPやSwiftですね。ただここは、時代背景とともに変わっていったり、新しい言語が生まれたりするので、各プログラミングスクールのカリキュラムや方針を見つつ決めればいいと思います。

 

学習するプログラミング言語は、自分がやりたい事を優先的に選ぶべきです。

理由は、プログラミングを習得する上で大切な事は、「学習を継続する事」だからです。

「転職しやすい言語がいいなあ」

「稼げる言語がいいなあ」

といった言語選びをする方もいますが、学習を継続出来ていない事が多いです。なので、楽しく学ぶで選ぶといいですね。

 

フリーランス独立を考えてる方向け

※フリーランスや独立を目指している人にはPHPがおすすめです。

リモートワーク案件やそもそも案件数が多い事からPHPは独立しやすい点があります。

特にエンジニアとしての自由な働き方を実現できるのでおすすめ。

※Javaは個人的には微妙です。

Javaは稼げる言語ですが、常駐案件が多いのでフリーランス的な働き方を実現しずらいという点もあります。ただ、ベテランエンジニアに聞いたところ、若い頃に常駐しまくって人脈を増やしていけば最終的にリモートで70~80万くらいを目指せると思います。

有料プログラミングスクールおすすめ比較ランキング3選

おすすめのプログラミングスクールで迷ったら有名どこを選択しておけば大丈夫です。

人気のプログラミングスクールは、カリキュラムや転職制度が充実しているので安定したエンジニアキャリアを積めるといえるでしょう。

それではプログラミングスクールのおすすめ比較ランキング上位3位までをまとめます。

おすすめ①TechAcademy [テックアカデミー]

料金 社会人:19万9000円

学生:15万9000円

(2ヶ月のPHP/Laravelコース)

受講形式 オンライン
講師 現役エンジニア
学習管理 カウンセリングあり(週2回)
成果物 あり
対象年齢 無制限
備考 定期的なカウンセリングで学習状況を管理

\今なら1コース申し込むともう1コース無料/

TechAcademyを見る

【最新口コミを見る】

おすすめ②DMM WEBCAMP [ウェブキャンプ]

料金 62万8000円(3か月)
受講形式 渋谷・新宿・大阪難波校に通学

オンラインあり

講師 教室に常駐している講師
学習管理 学習計画に沿って進める※相談可
成果物 あり
対象年齢 20代
備考 教室内で質問し放題

\最大560000円キャッシュバック/

DMM WEBCAMPを見る

【最新口コミを見る】

おすすめ③Code Camp [コードキャンプ]

料金 2ヶ月(20コマ):14万8000円

4カ月(40コマ):24万8000円

6ヶ月(60コマ):29万8000円

(WEBマスターコースPHP)

受講形式 オンライン
講師 現役エンジニア
学習管理 自分で管理
成果物 あり
対象年齢 無制限
備考 マンツーマンレッスン

レッスン1回40分

\無料体験レッスン実施中/

CodeCampを見る

【最新口コミを見る】

有料プログラミングスクールおすすめ比較ランキング3選【転職&就職】

エンジニア就職・転職を考えている初心者向け。

エンジニアとしてまずは就職をしたいという方も多いでしょう。独立思考の強い方でも最初は実務経験を積んでからフリーランスになりたいという方も増えてきています。

そういった方向けに、エンジニア就職するためのおすすめプログラミングスクールを3つでまとめます。

おすすめ①DMM WEBCAMP [ウェブキャンプ]

料金 62万8000円(3か月)
受講形式 渋谷・新宿・大阪難波校に通学

オンラインあり

講師 常駐講師
学習管理 学習計画に沿って進める※相談可
成果物 あり
対象年齢 20代
備考 教室内で質問し放題

\最大560000円キャッシュバック/

DMM WEBCAMPをを見る

【最新口コミを見る】

おすすめ②GEEK JOB [ギーク ジョブ]

料金 無料
受講形式 東京四ツ谷・九段下への通学

オンライン

講師 常駐講師
学習管理 あり
成果物 あり
対象年齢 20代
備考 教室内で質問し放題

\最短22日で無料エンジニア転職/

GEEK JOBを見る

【最新口コミを見る】

おすすめ③CodeCamp [コードキャンプ]

料金 2ヶ月(20コマ):14万8000円

4カ月(40コマ):24万8000円

6ヶ月(60コマ):29万8000円

(WEBマスターコースPHP)

受講形式 オンライン
講師 現役エンジニア
学習管理 自分で管理
成果物 あり
対象年齢 無制限
備考 マンツーマンレッスン

レッスン1回40分

\無料体験レッスン実施中/

CodeCampを見る

有料プログラミングスクールおすすめ比較ランキング3選【フリーランス】

フリーランスエンジニアに特化したい初心者向け。

フリーランスエンジニアには誰もが憧れます。

本当に目指しているのであれば、現役エンジニアのいる環境が一番です。理由は、具体的な独立ノウハウを知っているからです。

メンター(講師)によって具体的な独立ノウハウを持っていなかったりするので、現役エンジニアで評判の良いプログラミングスクールを厳選しました。

おすすめ①TechAcademy [テックアカデミー]

料金 社会人:19万9000円

学生:15万9000円

(2ヶ月のPHP/Laravelコース)

受講形式 オンライン
講師 現役エンジニア
学習管理 カウンセリングあり(週2回)
成果物 あり
対象年齢 無制限
備考 定期的なカウンセリングで学習状況を管理

\今なら1コース申し込むともう1コース無料/

TechAcademyを見る

【最新口コミを見る】

おすすめ②CodeCamp [コードキャンプ]

料金 2ヶ月(20コマ):14万8000円

4カ月(40コマ):24万8000円

6ヶ月(60コマ):29万8000円

(WEBマスターコースPHP)

受講形式 オンライン
講師 現役エンジニア
学習管理 自分で管理
成果物 あり
対象年齢 無制限
備考 マンツーマンレッスン

レッスン1回40分

\無料体験レッスン実施中/

CodeCampを見る

おすすめ③POTEPAN CAMP [ポテパンキャンプ]

料金 25万(3カ月)
受講形式 渋谷校への通学

オンライン

講師 現役エンジニア
学習管理 自分で管理
成果物 あり
対象年齢 特になし
備考 転職希望の方に特化

\ポテパン経由で転職すると全額キャッシュバック/

ポテパンキャンプを見る

【最新口コミを見る】

ポテパンでは、フリーランスになった方向けの外注サイトも掲載しているので、案件を見たい方は下記をどうぞ

⇒優良企業多数!フリーランスエンジニア案件情報サイト

フリーランスエンジニアを考えているのであれば、案件サイトなどに登録をし、定期的に案件の種類を把握しておくと需要のある案件やスキルを理解できます。

 

有料プログラミングスクールおすすめ比較ランキング2選【AIエンジニア】

海外進出やグローバルに活躍していきたい方向け。

近年海外のIT業界は急速に伸びています。そこで海外進出やグローバルな人材になりたいという方も増えています。

海外では機械学習や人工知能が中心なので、特化したプログラミングスクールを紹介しておきます。

求人の数は多いものの、難易度が高めなので人材不足になっている分野でもあるのでねらい目です。

おすすめ①Aidemy Premium [アイデミ―プレミアム]

料金 48万(3カ月)
受講形式 オンライン
講師 現役エンジニア
学習管理 オンラインメンタリング
成果物 特になし
対象年齢 特になし
備考 AI特化(Python)

\全額返金保証付き/

Aidemyを見る 

おすすめ②.Pro [ドットプロ]

料金 43万2000円(6ヶ月)
受講形式 渋谷校への通学

オンラインあり

講師 現役エンジニア
学習管理 自分で管理

メンターに相談可

成果物 コースによる
対象年齢 特になし
備考 10名限定(選考あり)

\優秀生徒10名のみ/

.proを見る

【最新口コミを見る】

【まとめ】プログラミングスクールは有料でもコスパがいい!

これまで初心者におすすめのプログラミングスクールをまとめてきました。

 

「プログラミングに興味があるけど、初心者におすすめのプログラミングスクールが分からない!」

「独学で勉強してるけど、なんか勉強続かないからプログラミングスクールに通いたい!」

 

初心者エンジニアが悩みがちな問題を中心に書いてきました。

 

最終的にはプログラミングは生活を豊かにするためのツールです。時代の流れが速い時代だからこそ、出来るだけ早くスキルをつけて独立や就職・転職が出来れば年収も上がります。

 

「どれもよさそうだしプログラミングスクールを選べないなあ」という方は、有名どころをチョイスしておけば、問題ありません。

個人的にはTechacademy[テックアカデミー]、DMM WEBCAMP [ウェブキャンプ]あたりがおすすめですが、カリキュラムがつまっているので、短期集中が苦手な初心者エンジニアは他のプログラミングスクールを選んだ方が良いと思います。

 

エンジニアとしての席もいつまでも空いている訳ではありません。初心者の方はいち早く自分のキャリア居場所を見つけエンジニアとしてプログラミングライフを自走する事をおすすめします。

 

その為にはまず、行動です。

 

まずは無料オンライン体験・相談でイメージを掴むことから始めましょう!

 

【番外編】プログラミングスクールの入校前に

今までおすすめのプログラミングスクールを比較ランキングとしてまとめてきましたが、プログラミングスクールに通おうか迷ってるあなた向けに番外編として、 基礎知識をまとめたので参考にしてみてください。

プログラミング初心者の方の基礎知識としても最低限理解しておいても役立つかなと思います。

有料プログラミングスクールのおすすめの選び方

失敗談の中で多いのは自分の中でスクールを選ぶ基準を作っていない事です。

プログラミングスクールのHPで何を見たらいいか分からないという方向けに、最低限抑えておきたい要点を4つでまとめました。

プログラミングスクールに手を伸ばして無駄にしないように自分の中でプログラミングスクールを選ぶ基準を精査します。

  1. 学びたい言語
  2. メンターのレベル
  3. カリキュラム
  4. 受講スタイル(オンラインor通学制)

 

プログラミングスクールを選ぶ基準として大切な事は「継続できる環境かどうか」です。

就職したいですか?転職したいですか?という基準でプログラミングスクールを選ぶサイト記事もありますが、ぶっちゃけ就職サポートとかって紹介したらスクールに紹介料が入る仕組みになっていたりするので、無難な求人を紹介されるといった事があるので、注意しましょう。

プログラミングスクールに通うのはおすすめなのか?

「エンジニア不足って言われてるし、エンジニア就職したら稼げそうだなあ」

「独立しやすくて、自由度も高いって聞いたしいつか自宅でのんびり仕事したいなあ」

 

この記事を見ている方はプログラミングを始めて間もない又はこれから学習する方が多いと思います。

エンジニアは、場所を選ばず高単価といった自由度が高い職業である事は間違いありません。

 

 

ただ最短で実現させるためにはプログラミングスクールに通うべき3つの理由と、プログラミングスクールの選び方を理解しなければなりません。

 

もし、あなたがプログラマーになって自由な生活をしたいと思っているなら、まず読むことをおすすめします。

 

プログラマーが最高な仕事と言われる理由

  1. オンライン完結で仕事が出来るから、在宅で仕事が出来る
  2. プログラマーが不足しているから単価が高い

上記の通りです。

深掘りしていきます。

 

・オンライン完結で仕事が出来るから、在宅で仕事が出来る

これはその通りで、PCで作業をし連絡はオンラインチャットなどで短時間で終わるので在宅ワークとして、仕事が出来ます。

ただ、開発案件の規模によって出勤を義務化されたり、独立してフリーランスとして案件を受ける時に、クライアントによっては顔合わせをしたいという方もいるのでプログラミング言語や、働き方の理想を最初から決めておくと、在宅ワークとして機能します。

在宅ワークが出来れば、家族との時間や自由な時間が多くできるので幸せですね。
ちなみに、オンラインなので海外でのんびり生活をしているプログラマーも多いですよ😄

 

・エンジニアが不足しているから単価が高い

エンジニアが不足しているとよく言われていますが、これは企業によります。

例えば、海外のエンジニアの数と、日本のエンジニアの数を比較して「日本はエンジニアが少ないんだ!だから今が稼ぎ時だ!」という記事もありますが、もともと日本は小国ですし、少ないのは当たり前です。

そして、企業の求人などを見れば分かりますが、未経験や初心者の採用を積極的に行っている所は多くありません。なので、エンジニアとして稼ぐなら「どのプログラミング言語を選び、どこで習得するか」が大事です。

 

なので、「エンジニア不足だから稼ごう」ではなく、「自分が企業に求められれば稼げる」というスタンスで学びましょう。

 

初心者がプログラミングスクールに通うべき理由

  1. プログラミングは自己解決が難しい
  2. 解決したとしても、長時間かかる

上記です。

深掘りしていきます。

 

・プログラミングは自己解決が難しい

初心者では必ずバグに苦しめられます。

独学だと、小さいミスに気付かなかったりするので、「調べても解決できない」、「また1からコードを書いてみよう」と明らかなタイムロスが生まれます。それでは大切な時間が無駄になってしまいますよね。

小さなミスと言うのは、全角の空白などでも発生します。

「見えないから分かるわけないじゃん!」という声が聞こえてきそうです(笑)

 

・解決したとしても長時間かかる

2つ目は解決したけど、かなりの時間がかかるという事です。

よく、エンジニアはググる力が大切だという人がいますが、基本的に応用は実務だけで良いと思っています。

理由は、初心者の頃の初歩すぎるミスは経験が多くなるほど、少なくなるからです。

勿論全てのコードを暗記しているエンジニアはいませんが、コードを書いていくうちに、簡単な部分は体で覚えてくるので最初から悩んで悩んでググる必要がないということ。

 

プログラミングスクールでは、質問し放題であったりするので、プログラミング学習において、ストレスを減らした状態で進められるので学習継続が出来ます。学校のテスト勉強や物事が続かないという人は学習のストレスが多いのかもしれませんね。

MEMO

プログラミングスクールを利用して、学習の負荷を減らそう!

 

 

 

まずは有料プログラミングスクールの無料体験がおすすめ

プログラミングスクールは、もちろん費用が掛かります。

その際

「実際にスクールに通ってみたらイメージと違っていた。」

「講師との相性が悪くて途中で解約してしまった。」

上記のような、失敗談も少なくありません。こういった失敗はなぜ起こるかと言うと、事前の下調べをしっかりしていなかったり、自分の先入観だけで、教室を選んでしまっている事が多いからです。

この失敗を回避する為に、個別の相談会は重要です。

それでは個別無料相談会のポイントを解説していきたいと思います。

個別無料相談会のポイント

各プログラミングスクールの無料相談会では、参加希望者の目標や目的に対して、達成方法を提案してくれる所が多いところがポイントです。

スクール説明はもちろんですが、「習得したスキルをどう活かすか」という事が大事です。

なので、ビジョンがあいまいな方やプログラミングスクールが初めての方は成果が出るまでの過程が自分に合っているのか必ず判断してから受講を決断する事がポイントになります。

相談会に行ったからと言って、「受講しなさい」というものではないので、自分に合っているのか判断するきっかけにすることが重要です。

 

有料プログラミングスクールで失敗しやすい人の特徴【体験談あり】

プログラミングスクールで失敗しやすい人の特徴

  • あまりに初心者すぎる
  • プログラミングでやりたい事が決まっていない
  • プログラミングスクールにいけば就職できると思っている

プログラミングスクールでよくある失敗談・体験談

  • カリキュラムがハードすぎてついていけなくて退学した
  • 講師に聞いても、的確な答えが返ってこなかった
  • 就職サポートで講師が上から目線だった

 

深掘りしていきます。

 

①カリキュラムがハードすぎてついていけなくて退学した

「プログラミングスクールに通っていれば就転職が出来る」

こう思っている方は少なくありません。ですが、プログラミングスクールは塾と同じで自分で学習して自分で企業の合格ラインを掴まないといけません。

なので、大前提としてプログラミングスクールだけでなく家での自習も忘れず取り組むと合格ラインに到達確率は何倍にもなります。

プロのプログラマーでもコードの全てを覚えている人などまずいません。プログラマーとしてのハードルを上げすぎず、そのプログラミング言語で出来る事や文法の全体像をつかむというようなイメージで学習してもいいと思います。

②メンター(講師)に聞いても、的確な答えが返ってこなかった

「独学に限界を感じたから、メンター(講師)の人に聞きながら進めたい」

こういう人も、講師のレベル感にギャップを感じやすいと言えるでしょう。

理由は、前述した通りプロのプログラマーでも、全てを暗記している訳ではなという事。

大抵がググりながら進めています。だから、これからエンジニアになりたいと思っているあなたは、失敗しないためにも自己解決能力として「ググる力」も付けておいた方がいいです。

具体的なググり方のコツですが、エンジニアには「テラテイル」というプログラミングで分からなくなったことを質問出来るサイトがあるので、活用するといいでしょう。

③就職サポートで講師が上から目線だった

「初心者だし、講師に就職は任せよう」

こういう方も講師の態度が気になる事が多く、失敗談として語っている方も少なくありません。

その多くが講師に任せっきりだったりもします。そうなると講師の思考に偏ってしまうので、いいなりになってしまいます。エンジニアキャリアとして自分の理想像はあらかじめ決めておき

私の実体験でも、「初心者からエンジニアとして開発案件とかも受けていける会社に就職したいです」と相談したところ、「今のスキルじゃまず無理だね」と言われたこともあります。こんな感じで初心者のうちって一番モチベーションがあるし、あんまり相談しすぎないで自分で調べて想像力を豊かにした方が学習の継続もしやすいと思います。

 

プログラミングスクールが急増した理由【3つで解説】

①エンジニア不足

もともと、プログラミング自体名前は知っていても教育の過程で実際に使う事が少なかったので、そもそも日本ではエンジニアになる人数が少ないと言われています。その結果、海外との技術的な部分はもちろん、エンジニアの数としても差が開いてきている状態です。

事実、コロナショックで政府が発表した「特別給付金制度」ではオンライン申請が何度も出来るというシステムエラーが起こった事も有名ですが、技術力は見ての通りと言わざるを得ないです。

時代背景的に自由に働くフリーランス的な働き方をしたいという若者が増えたことで、プログラミングは注目されてきているので今後さらなるプログラミングスクールの需要を期待されます。

 

②プログラミングが必修化

プログラミングが学校で必修化されることで、保護者の意識が高まってきています。

その結果、家庭教師を雇いたいという声も増えており、プログラミングスクールだけでなく、エンジニアの家庭教師の需要も高まりつつあります。

有名人で言うと、Facebookを創出したマークザッカ―バーグは、小さい頃からプログラミングを家庭教師から習っており熱中していたそうです。マークザッカーバーグの両親も教育に熱心だったことから、保護者のプログラミングへの関心は今後さらに高まるでしょう。

 

③プログラミングが試験などにも出る可能性がある

プログラミングが必修化されることで、入試などに技術的な問題などが追加される可能性が高く、プログラミングスクールが今でいう学習塾と同じような形で増えてきています。

プログラミングはあくまでも生活を豊かにするためのツールであって、テストのための学習にならないのかという懸念点もありますが、プログラミングスクールが3~5年のスパンで6倍にも増えている事から、今後さらに個性的なスクールも出てくると考えられます。

 

プログラミングスクールの闇とは?【3つで解説】

プログラミングスクールが急増したことにより、改善点や注意点が増える事になりました。

今までは問題視されてこなかった問題や闇も出てきているので、ここは基礎知識として理解しておきましょう。

①メンター(講師)のレベルにばらつきがある

これは多くのプログラミングスクールの課題であり、受講者の悩みでもあります。

プログラミングスクールによっては学生で講師をやっている方も多く、実務経験は少ないけど、ある程度教える事が出来るから、教えているというスクールも少なくありません。

IT人材が不足している事から。少しずつ改善されるのではないかなと思いますが、これから受講する方は、お金も時間も投資するわけなので、事前に講師の質についても必ず、リサーチしておくことが必須となります。

②子供向けプログラミングスクールのテクニック化

2020年から、プログラミングが必修化する事から、「子供向けのプログラミングスクール」が増えてくると予想されますがその際、学校の試験で点数を取るためだけのテクニックな教育をするスクールも増えてしまうという問題です。

 

プログラミングは点数を取るためではなく、暮らしの役に立てないと、意味がありません。

なので、この記事を見て子供にもプログラミング学習をさせたいと思っているあなたは必ず、カリキュラムや学習理念を下調べしておく必要があります。

 

③無料転職付きプログラミングスクールと受講者の認識の違い

無料のプログラミングスクールがどこから利益を得ているかは理解していますか?

意外と知らない方も多いのではないでしょうか。

実は、受講者が転職成功したら転職先企業からお金をもらっているプログラミングスクールが多いです。

なので、プログラミングスクールが無難な求人を紹介したり、開発案件が少ない企業に転職を促す可能性もあります。後から、「自分が思っていた会社と違っていた」と言って退職したら違約金が発生したというケースも少なくありません。

 

無料だからと言って、プログラミングスクールを選ぶのではなく自分の将来につながるスクールの基準を明確にして入校する事が大切です。

 

プログラミングスクールの継続率はどう?

 

プログラミングスクールに通う人が増えているけど、実際継続率ってどうなの?

継続率は気になるところですよね。

多くのプログラミングスクールで継続率は6~7割くらいでした。

やめる時期で一番多いのは、最初の1ヶ月とのことでした。

しかし、1ヶ月を過ぎたあたりからやめる人は少なくなっていますので、脱初心者するまでの期間が踏ん張りどころですね。

 

プログラミングスクールを辞めないためには、プログラミングを学ぶ目的と理想像を必ず持っておくことです。

 

必ず勉強が嫌になったり、このままでいいのかと思う時がきますが、そこを乗り越えられる人ほど、自分の理想像をイメージしていたり、エンジニア仲間が多かったりします。

プログラミングスクールで出会った人とコミュニケーションを取ったり、情報共有したりしつつ、モチベーションを維持していきましょう。

 

【解決策あり】初心者が挫折する理由で一番多いのはコレです

独学への不信

これは学習している人間全員にあてはまる事ですが、プログラミングでも学習している時に「本当にこの勉強法でいいのか」、「もっと効率の良い学習法ないのかなあ」と必ず思う時期があります。

こうした不信を減らすためには、教材を選ぶ過程を深くする事をおすすめします。

選ぶ基準として

  • 網羅性があるか?
  • 色は2色以内か?
  • 持ち運べるか?

以上の3点から教材を選びましょう。

 

独学編への不信感を持つ方の多くは、なんとなく教材を買ったり、友人におすすめされたもので学習を始める事が多いです。

「あんだけ選んで教材だから、大丈夫」と言うくらい、教材にはこだわりましょう。

 

スキル習得後の案件獲得が出来ない

フリーランス独立を考えている方は、プログラミングに限らず最初の案件獲得が出来ない事が多いです。

理由は3つ。

  • 実績がない
  • 信頼性がない
  • 提案数が少ない

上記の三つです。

 

プログラミングスクールでエンジニア転職できる?【断言します】

 

プログラミングスクールを卒業したら絶対就職できるの?
断言します。出来ません

良くある話として、大学4年間通っても、就職活動が大変なように、プログラミングスクールを卒業しても就職・転職活動は変わらず大変という事です。

就職保証があるところもありますが、そういったプログラミングスクールでは、必ず成果物を作っている事が多いです。なのでプログラミングスクールに入校してもしっかりと自分の成果物、実績を作る事が大事です。

 

独学から就職できない人の多くはポートフォリオなどの実績を作っていない事が多いので、そういった点で。プログラミングスクールでは制作が出来るので、就職に有利と言えるでしょう。

 

プログラミングを始めたけど、挫折しそうで怖い人【学習方法】

プログラミングを始めたばっかだけど、途中で挫折しそうで怖いなあ。
出来ればおすすめの学習方法とか知りたいなあ

プログラミングで挫折する人の多くは、エンジニアに対してハードルを高く見積もりすぎる人が多いですが、実際前述した通り全てのコードを暗記しているというエンジニアはまずいないです。なので、初心者のうちは毎日コードを書くことを意識しましょう。

 

駆け出しエンジニアは、その道から退場しない事が一番です。なので、「毎日〇時間コードを書く」という具合ではなく、「毎日プログラミングに触れる」という事を念頭に学習していけば学習も継続していけますよ。

 

 

※初心者の方は下記を参考にしてください。

✓プログラミング学習の仕方

下記の2つの学習方法を実践すれば確実に短期間でプログラマーになれます。

①分からなくても次に進んで何週もする事です。

よく分かるまで同じ動画を見るという人がいますが、そういう人ほど、一回の学習に対する負荷が大きすぎて途中で挫折しやすいです。

そういう人ほど、最初だけ暗記して最後が疎かになります。学校の学習でいうと、縄文時代だけ覚えていて、明治時代は全然頭に入っていないという具合です。

大事なのは、全体像をつかむことなので分からなくても進みましょう。

 

②写経をしましょう。

写経とは、経文(きょうもん)を書き写すこと。また、その写した経文。

元々は、お経を書き写す事ですが、プログラミングの場合、コードを覚えるくらい何回も書くという事です。

全体像をつかむためには教材を読むことより、動画を何回も見るより、「書き写すこと」です。

なので、動画を見ながら、教材を見ながら必ず手を動かすようにしましょう。

 

 

【まとめ】おすすめの有料プログラミングスクールなら失敗しない

「初心者でもついていけるかなあ」

「プログラミングスクールで失敗したくない」

「初心者だけどおすすめのプログラミングスクールを知りたい」

 

※【無料あり】オンライン講座もあるので地方でプログラミングスクールに通えない方も安心!

こういった方向けに、ニーズ別にプログラミングスクールをおすすめ比較ランキングとしてまとめました。

「おすすめのプログラミングスクール」を選ぶと失敗します

 

プログラミングスクールに通うとなると、時間もお金も投資する事になります。近年「無料のプログラミングスクール」なども増えてますが、転職先を縛られてしまったりなど条件付きのものが多いです。(プログラミングスクールの闇と言われている)

自分に合った転職先やカリキュラムならいいのですが、金額やコスパだけで入校してしまい後悔するケースも少なくありません。

そこで本記事では初心者に本当におすすめのプログラミングスクールを比較ランキングとしてまとめました。

 

独学で学習する方もいますが、平均6ヶ月~12ヶ月ほどかかっています。

しかし、短期間で学んで人生の長い時間自由に暮らしたほうがいいですよね。

短期集中で学ぶことが出来るプログラミングスクールに通う事をおすすめします。そして、現役フリーランスエンジニアに相談する事が出来る点もプログラミングスクールの良い点なのでスキルの習得だけでなく特典がついていると考えています。

 

本記事があなたのプログラミングスクール選びをサポート出来れば幸いです。

それでは、ここまで読んで頂きありがとうございました。