【プログラミング学習】開始一か月目から壁にぶち当たった話

1.一か月目にして挫折しかけた話

冒頭から書きますが、一か月目にして挫折しかけました(笑)

 

理由は、恐らく自分の作業量の管理が出来ていなかったからだと思っています。

具体的に言うと、一日の作業のキャパを超えていたという事です。

 

ここで、僕の性格に話になりますが、割と熱っしやすく冷めやすい感じです。

なので、大抵一ヶ月程度でいつも飽きてやめてしまう事があるのですが、今回は限界を超えた時間で学習していたのが欠点です。

 

こうすると何が問題かというと、日によって予定が入っていたり、遠出しなくてはいけない場合など同じ毎日は来ないので、どうしても忙しい日は学習できなかったりするからです。

 

人間は基本的に一回努力を惜しむと、さぼり癖が付いてきます。

 

なので、毎日継続できる範囲の作業量に設定するべきです。

 

2.モチベーションの回復

 

一日でモチベーションは回復しました。

今まで、モチベーションが続かない。と感じた事がある方も多いのではないでしょうか。

実は僕もです(笑)

一回モチベーションが崩れると、立ち直れないorやめるのどちらかでした。

 

ですが、モチベーションを一日で回復したのには、ちゃんと理由があります。

この回復法を実践すれば、割とキャパ超えてもいいんじゃないかなと思っています。

 

それは

思考を吐き出す作業

要はアウトプットをしまくる事です、

ストレスや考え事の多くは、思考が整理されていない状態から、脳が適切に情報を取捨選択出来ないので、迷ったりイライラしたりします。

 

学習中などまさにそうです。

インプットしすぎて、思考が整理されていないのです、

なので、なんかもやもやすると思ったら、紙やSNSで思考をアウトプットしてみましょう!

おすすめはSNSです。

 

@lianjianliang

 

※良かったらフォローしてください(笑)

 

3.あれが確信に変わった

プログラミングを学習するべき理由がやっと分かりました

実は先日IT企業の説明会に行ったときに、なんでプログラミング学習を始めたの?

と言われたときに、意外とうまく話せなかったんですよね。

トレンドが来てる。。。。ITの人材不足。。。。

 

などなど

 

ありきたりの理由しか言えなかったので、しっかり調べてみたところ、ITに対する市場規模が年ねん20億単位で増えているのです。

その結果、2025年には数倍もの市場規模になると言われています。

 

なので、僕はIT業界で起業をしノマド的な暮らしを、したいのでプログラミングを極めようと決心しました。

 

まとめ:結局継続が命

 

結局継続が命です。

こういうと、でも毎日継続しても未来なんて分からないじゃん。そもそも難しくてやる気にならないよ。

 

こういっている人の多くは、継続をしたことも、何かに本気で手を付けたことがない人が多かったりもします。

周りにも、何か始めると言ったらリスクばかり言う人がいますが、正直何をするにしてもリスクは避けれません。

 

なので、その会話の時間を学習の時間に費やして成功したらゆーっくり聞いてあげましょう。

 

あなたも今からしっかり継続してくださいね。